MENUCLOSE

HOME

多目的ホール(ピオニホール)のご利用規約・使用上の留意点・お願い

自由な表現・文化創造スペースとしてご利用ください。

使用お申し込みについて

  1. お申し込みは、使用予定日の3カ月前より承ります。
  2. お申し込みの際は、ホームページもしくは1Fインフォメーションカウンターにある所定の用紙に必要事項をご記入の上、お申し込みください。
  3. 使用の許可については、当方にて決定させていただきます(先着順ではございません)。 尚、イベントの内容によっては使用許可をお断りする場合がございます。その際、その理由を申込者に対して、当ホールは返答する義務を負いません。
  4. 電話など口頭による予約の場合は、1週間以内に、所定用紙での申し込みをしてください。電話など口頭による予約から1週間経過しても申し込みがない場合は、予約を取消させていただきます
  5. 使用する日の少なくとも1週間前までに、事前準備や設備の使用について担当者との打ち合わせを行ってください。その際、スケジュールや会場設営、使用機材などについて詳細な打ち合わせをお願いします。
  6. 使用料金については「基本使用料金」を参照してください。使用時間は、準備から後片づけの時間を含みますので、ご注意ください。
  7. イベントなどの際に、会場入口に看板等を設置する場合は、あらかじめ係員にご相談ください。
  8. 使用者の都合により、ホール使用を取り消された場合はキャンセル料が発生致します。
  9. イベントの内容は主催者の責任で開催されたものであり、その内容について当ホールでは一切責任を負いません。

使用制限について

ピオニホールは、地域の皆さまのためのイベントスペースとして、文化的活動や生活に潤いをもたらすことを目的としております。よって次の場合は、使用契約を禁止させていただきます。

  • 公の秩序良俗に反したり、法律に違反する恐れがあるとき。
  • 他人の信用を傷つけたり、名誉やプライバシーを侵害する恐れがあるとき。
  • 商標・著作権などを無断で使用したり、その恐れがあるとき。
  • 国内外の国家、民族などの尊厳を傷つけたり、傷つける恐れがあるとき。
  • 営利を目的としたものや営利色の濃いとき。
  • 宗教、思想、政治的勧誘を目的としているとき。
  • ご飲食をされたとき。
  • その他、当ホールが禁止と判断をしたとき。

また、次の場合は使用許可を取り消す場合があります。

  • 使用目的や内容等に変更があるにもかかわらず、事前に連絡がないとき。
  • 使用規定に違反しているとき。または使用上、危険などが予想されると判断したとき。
  • 使用申込書の内容と実際が異なっていたり、不正手段により使用許可を受けたりしていたとき。
  • 申込者が当ホールの承諾なしに使用権を第三者に譲渡や転貸したとき。
  • その他管理運営上支障のあるとき、または不適切と認められたとき。
  • 当ホールの用途目的に反しているとき。

※使用許可取消に伴う損害等については一切責任を負いません。
※不測の事故や災害、その他不可抗力によって使用が中止になったとき、前納金はお返しいたします。

使用当日について

  1. 使用当日、使用者はすみやかに、係員にご連絡ください。
  2. 施設や備品等を使用するときは必ず係員の指示に従ってください。
  3. 当ホールの承諾なしに、配布宣伝・寄付行為・展示・撮影・録音等は固くお断りいたします。
  4. 使用時間内(搬入出を含む)の展示品などの管理、入場者の整理は、使用者が責任をもって行ってください。その間に生じた人的・物的事故について、当ホールでは一切責任を負いません。
  5. ホール使用期間中のホールの清掃やゴミ処理は、使用者が責任をもって処理してください。
  6. 使用後、使用した備品等については元に戻し、係の点検をお受けください。万一、破損、紛失した場合、その損害・修繕費を賠償していただきます。
  7. ホールへの危険物、火気、臭気の伴うものの持ち込みを禁止いたします。
  8. ホール内外の壁・柱・ガラス面へ許可なく貼紙や釘打ちを行うことを禁止いたします。

その他ホール施設使用上のお願い

  1. 時間厳守をお願いいたします。
  2. ホール内に立ち入るときは警備室にて手続きをし、入店者用バッチをお付けください。。
  3. 不測の事故や災害に備えて、使用責任者は連絡先を明らかにし、いつでも当ホールと連絡がとれるようにしてください。また災害発生時の避難誘導に際しては、使用責任者及び使用者全員のご協力をお願いいたします。
  4. 使用中(搬入出を含む)の火災・盗難・停電・その他事故により、使用者・参加者等に事故が生じた場合、当ホールに重大な過失がない限り、責任は負いません。